現在の買い物カゴの中

購入点数: 0
購入金額: 0

買い物カゴを見る

商品詳細

  • #エビリファイ内用液0.1%:3mL×28包(7包×4)
  • #エビリファイ内用液0.1%:3mL×28包(7包×4)

※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります

  • 先発品
  • JP

商品コード: 706229-001

商品名: #エビリファイ内用液0.1%:3mL×28包(7包×4)

販売価格:17,203円

発送元 シンガポール1
製造元 大塚製薬 株式会社
販売元 大塚製薬 株式会社
JAN 4987035032311
GS1 14987035032318
劇薬・劇物 劇薬
成分コード 1179045
販売上限数 1
発送時期 ご入金確認後、通常7~14営業日で出荷予定

※詳細につきましては必ず「添付文書情報」をご覧ください。

こちらの商品は先発品のみとなります

商品の特徴

【一般的名称】
アリピプラゾール

【有効成分】
1mL中にアリピプラゾール1mgを含有

内容量

3mL×28包(7包×4)

形状

無色澄明の液

成分説明

1mL中:アリピプラゾール1mg
添加物:グリセリン、プロピレングリコール、乳酸、水酸化ナトリウム、エデト酸ナトリウム水和物、パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸プロピル、スクラロース、ステビア抽出物、香料、精製水

効果効能

●統合失調症
●双極性障害における躁症状の改善
●うつ病・うつ状態(既存治療で十分な効果が認められない場合に限る)
●小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性
詳しくは外部リンク及び商品に付属の添付文書をご確認ください。

用法・用量

●統合失調症
通常、成人にはアリピプラゾールとして1日6~12mg(6~12mL)を開始用量、1日6~24mg(6~24mL)を維持用量とし、1回又は2回に分けて経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日量は30mg(30mL)を超えないこと。
●双極性障害における躁症状の改善
通常、成人にはアリピプラゾールとして12~24mg(12~24mL)を1日1回経口投与する。なお、開始用量は24mg(24mL)とし、年齢、症状により適宜増減するが、1日量は30mg(30mL)を超えないこと。
●うつ病・うつ状態(既存治療で十分な効果が認められない場合に限る)
通常、成人にはアリピプラゾールとして3mg(3mL)を1日1回経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減するが、増量幅は1日量として3mg(3mL)とし、1日量は15mg(15mL)を超えないこと。
●小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性
通常、アリピプラゾールとして1日1mg(1mL)を開始用量、1日1~15mg(1~15mL)を維持用量とし、1日1回経口投与する。なお、症状により適宜増減するが、増量幅は1日量として最大3mg(3mL)とし、1日量は15mg(15 mL)を超えないこと。ださい。

使用上の注意

●禁忌あり。使用前に必ず付属の添付文書をご確認ください。

【生活上の注意】
●眠気、注意力・集中力・反射運動能力などの低下が起こることがありますので、自動車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
●アルコール(飲酒)は薬の作用を強めることがありますので、注意してください。
●生活の破たんなどの社会的に不利な結果を招くにもかかわらず賭博(ギャンブル)を繰り返す、病的な性欲の亢進、過剰で無計画な買い物を繰り返す、暴食をするなど、衝動が抑えられない症状(衝動制御障害)があらわれることがあります。これらの症状があらわれた場合は、医師に相談してください。

【主な副作用】
不眠、神経過敏、アカシジア(じっとしていることができない)、振戦(手足の震え)、不安、体重減少、筋強剛、食欲不振、食欲亢進、倦怠感、傾眠、寡動(表情の動きが少ない)、流涎(よだれが出る)、体重増加、吐き気、嘔吐、ジストニア(筋緊張異常)、便秘など
以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

詳しくは外部リンク及び商品に付属の添付文書をご確認ください。


Copyright © SORASHIDO. All Rights Reserved.