現在の買い物カゴの中

購入点数: 0
購入金額: 0

買い物カゴを見る

喘息特集

このエントリーをはてなブックマークに追加


メプチンスイングヘラー10μg吸入100回


「喘息は子どもの病気」というイメージがありますが、近年では、大人になってから喘息を発症する人が増えています。
正式には気管支喘息と呼ばれ、呼吸をするたびにゼーゼー、ヒューヒューという音出たり、息苦しく、せき込んだりなど、さまざまな症状があります。
喘息の症状が起こらないように、喘息を起こさない生活(禁煙・ストレスをためないなど)を心がけをしてみましょう。また、起こってしまった発作に対しては、発作の程度をきちんと把握することが大切です。
必ず、かかりつけの医師・薬剤師にご相談の上、症状に合った治療を行うことが重要です。


吸入用ステロイド薬・β2刺激薬配合剤


吸入ステロイドは経口ステロイドに比べ副作用が少なく気道炎症を改善します。β2刺激薬は気管支拡張作用があります。
吸入薬の種類によって効果が早かったり、長時間作用するのもあり、1日の吸入回数がそれぞれ決まってます。


レルベア

アドエア

シムビコート
タービュヘイラー

吸入用ステロイド薬


喘息の抗炎症作用の中心治療薬で経口ステロイドに比べはるかに副作用が少なく、吸入することによって直接炎症がある気管支、肺にまで薬を届けることができます。
長期管理薬として決められた量、回数を守り発作のない時も毎日吸入します。


フルタイド

キュバール

アズマネックス
ツイストヘラー

パルミコート

副腎皮質ステロイド薬


全身性に効くステロイド薬 で強力な抗炎症作用がありますが、副作用には注意が必要です。


プレドニゾロン錠1mg

メドロール錠2mg

デカドロン錠0.5mg

リンデロン錠0.5mg

気管支拡張薬


●交感神経刺激薬
交感神経を刺激して直接気管支を広げます。吸入薬、テープ剤、内服薬があります。
短時間型のメプチンスイングヘイラーには発作をとめる効果もあります。この薬も副作用として、手の震え動悸などがあり注意が必要です。

セレベント50ディスカス

メプチンスイングヘラー
10μg吸入100回

メプチンエアー
10μg吸入100回

サルタノールインヘラー
100μg

アイロミールエアゾール
100μg

ホクナリンテープ

ベネトリン錠2mg

ブリカニール錠2mgg

ベラチン錠1mg

メプチンミニ錠25μg

メプチン錠50μg

ベロテック錠2.5mg

スピロペント錠10μg
●キサンチン誘導体
β2刺激薬より気管支拡張作用は弱いが、抗炎症作用もあります。血中濃度が高くなると中毒症状を引き起こすので注意が必要です。

テオロング錠50mg

スロービッド
カプセル100mg

テオドール錠100mg

テオフィリン徐放U錠
100mg「トーワ」

テオフィリン徐放錠
50mg「サワイ」

ユニコン錠100

モノフィリン錠10mg

アストフィリン配合錠

抗アレルギー薬


●ロイコトリエン拮抗薬
気管支の収縮を引き起こす物質の放出を抑え、アレルギー症状を引き起こす物質の産生を抑制します。

オノンカプセル112.5mg

オノンドライシロップ10%

キプレス錠5mg

シングレア錠10mg

プランルカストカプセル
112.5mg「日医工」
●メディエーター遊離抑制薬
アレルギーに関わる細胞からロイコトリエンやヒスタミンなどの物質が放出されるのを抑えます。

リザベンカプセル100mg

アレギサール錠

ソルファ25mg錠

ケタスカプセル10mg
●ヒスタミンH1拮抗薬
アレルギー症状を引き起こすヒスタミンの作用が出るのを防ぎます。薬により眠気の副作用が出ることがあります。

ザジテンカプセル1mg

アゼプチン錠1mg

ゼスラン錠3mg

ニポラジン錠3mg

アレジオン錠10

漢方製剤


喘息時の強い発作がおさまった後、漢方でも対応できます。
軽い発作時には麻杏甘石湯、咳よりも鼻水が多いタイプには小青竜湯、寛解期には体の証により柴朴や大柴胡湯などがあります。


クラシエ小青竜湯エキス錠

ツムラ麦門冬湯エキス顆粒

コタロー麻杏甘石湯エキス細粒

クラシエ柴朴湯エキス細粒

去痰薬


気道粘膜の分泌を促して痰をうすめ,分泌物を排出しやすくします。


ムコソルバン錠15mg

ムコダイン錠250mg

クリアナール錠200mg

Copyright © SORASHIDO. All Rights Reserved.