現在の買い物カゴの中

購入点数: 0
購入金額: 0

買い物カゴを見る

痛風(高尿酸血症)

このエントリーをはてなブックマークに追加
痛風はどうやって起こる?
痛風とは、体の中の血液中に溶けきれない尿酸結晶となって関節にたまり、足の親指の付け根や足の甲が腫れあがり、突然激痛が襲います。その状態を痛風発作といいます。
また、体のあちこちに結節ができ、腎臓にも影響を与えます。

男性は特にご注意!
痛風は圧倒的に男性に多い病気で、男女の割合は男性が約98%を占めます。
女性ホルモンには尿酸を排出する働きがあるため、一般的に閉経後は女性も尿酸値が高くなってきます。
尿酸値の高い人はメタボリックシンドローム(肥満、脂質異常症、糖尿病、高血圧症など)の割合も高いです。

尿酸値が上昇する原因は?
痛風発作が起こる前に血清尿酸値が7.0㎎/dLを超える状態が数年以上続きます。この状態を高尿酸血症といいます。高尿酸血症は尿酸の産生過剰、尿酸排泄の低下によって起こります。
なぜ尿酸値が上昇するのは「食べすぎ」「ストレス」「アルコール」などの生活習慣病が大きく関わっています。
尿酸はプリン体が原料で、食べる食品にプリン体が多く含まれていると、尿酸値が上昇します。また、急激にエネルギーを使うとプリン体が増えます。

痛風の治療は?
治療は尿酸排泄作用薬尿酸生成抑制薬、または両方を服用することになります。
痛風発作時にはコルヒチン、非ステロイド抗炎症薬が使われますが、尿酸降下薬は炎症が収まり、痛みが消えてから服用します。血清尿酸値の変動は発作を増強させるので、発作中は尿酸降下薬の服用を開始したり、中止したりはしません。

尿酸排泄薬
作用機序:尿中に尿酸の排泄を増加させる。
※尿アルカリ化薬を服用して尿中のpHが6.0~7.0に維持すると尿路結石予防になる
尿酸生成抑制薬
作用機序:体の中で尿酸の生成を抑える
尿酸排泄薬、生成抑制薬服用中は水分摂取量を多くとることが必要です。

プリン体を多く含む食品(食品100g中)

極めて多い 300mg~ 鶏レバー、マイワシ干物、イサキ白子、あんこう肝酒蒸し
多い 200~300mg 豚レバー、牛レバー、カツオ、マイワシ、大正エビ、マアジ干物、さんま干物
少ない 50~100mg ウナギ、ワカサギ、豚ロース、豚バラ、牛肩ロース、牛タン、マトン、ボンレスハム、プレスハム、ベーコン、ツミレ、ほうれん草、カリフラワー
極めて少ない ~50mg コンビーフ、魚肉ソーセージ、かまぼこ、焼きちくわ、さつま揚げ、カズノコ、スジコ、ウインナソーセージ、豆腐、牛乳、チーズ、バター、鶏卵、とうもろこし、ジャガイモ、さつまいも、米飯、パン、うどん、そば、果物、キャベツ、トマト、にんじん、大根、白菜、海藻類
(総プリン体量:高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 2012年版)

Copyright © SORASHIDO. All Rights Reserved.