現在の買い物カゴの中

購入点数: 0
購入金額: 0

買い物カゴを見る

インフルエンザ特集

インフルエンザとは?

一般的な風邪はさまざまなウイルスによって引き起こされますが、
インフルエンザは「インフルエンザウイルス」に感染することによって起こる感染症です。
風邪と比べて感染力が強く、症状も重くなります。お子様や高齢の方は重症化することもあります。

インフルエンザの症状

38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身症状等が急激に起こります。
普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻水、鼻づまり、咳などの症状も現れます。

インフルエンザの流行

日本国内では、例年12月~3月頃に流行します。

インフルエンザの種類

インフルエンザウイルスは「A型」「B型」「C型」と分類されます。
C型は、A型やB型ほど大きな流行やはっきりとした症状を示さないため、
一般的にインフルエンザとして認識されているのはA型とB型です。
近年国内で流行しているのは、A(H1N1)亜型とA(H3N2)亜型(香港型)、B型の3種類です。

インフルエンザの潜伏期間

「潜伏期間」とは、インフルエンザに感染してから体に症状が現れるまでの期間のことを言い、インフルエンザの潜伏期間は、通常1~3日程度で場合によっては1週間ほど潜伏します。
また、インフルエンザ感染者がくしゃみや咳などで飛ばした唾を吸い込む、ドアノブやスイッチなど共有物をさわった手で自分の口や鼻を触ってしまう、そういったことがインフルエンザウイルスの感染ルートとなります。

インフルエンザの治療薬

インフルエンザ治療薬として処方される薬には、主にタミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタの4種類があります。これらはすべて、ノイラミニダーゼ阻害薬の一種で、インフルエンザウイルス粒子の表面のノイラミニダーゼの働きを邪魔することで、ウイルスの増殖を抑える働きをします。いずれも、体内でピークを迎える前の48時間以内での使用が推奨されています。

また、解熱剤にはいろいろな種類がありますが、アセトアミノフェンという成分のお薬が、インフルエンザの発熱時に多く使われています。
アスピリン、ジクロフェナク、メフェナム酸といった成分の解熱剤をインフルエンザの時に使うと、ライ症候群や脳症を引き起こす可能性があるのでインフルエンザには禁忌になっています。

Copyright © SORASHIDO. All Rights Reserved.