現在の買い物カゴの中

購入点数: 0
購入金額: 0

買い物カゴを見る

女性を守るピル・性感染症・抗生物質・検査キットまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ピルや抗生物質は、女性の身体を守るために必要なお薬ですが、仕事の都合上、なかなか病院に行って処方してもらうのが難しいのではないでしょうか。

当サイトでは個人輸入法で、決められた日数分の医薬品購入が可能です。
>>>医薬品の個人輸入についての詳細はこちら

下記、女性のお悩み別に記事を載せておりますので、参考にしてみて下さい。

ピル避妊薬

ピルには低用量、中用量、高用量のピルがあり、主に避妊目的で使用されているものは「低用量ピル」「アフターピル(緊急避妊薬)」です。

※中・高用量のピルは避妊効果としては低用量と変わりませんが、成分量が多いため副作用が出る可能性が高まります。

「低用量ピル」は、決まったタイミングで飲み続け、ホルモン状態を妊娠した時と同じ状態にすることで、次の排卵を来なくさせます。
排卵がこなれければ妊娠しないため、きちんと服用すればほぼ100%の避妊効果があります。(但し飲み忘れに注意が必要です。)

一方「アフターピル(緊急避妊薬)」は通常のピルとは異なり、排卵・受精・着床を阻害する事で、妊娠を文字通り緊急に回避します。
「アフターピル(緊急避妊薬)」は早く飲むほど効果が高くなります。(常時飲む薬ではないため、あくまで緊急用です。)

 

 

性感染症

「細菌性膣炎」「カンジダ」「トリコモナス」「淋病」「クラジミア」の5つの感染症における症状・治療期間・特徴、及び対応する抗生物質について記載しています。

対象のボタンを押下すると、その病名に対して効能のある成分・薬名のみが表示されます。

 

淋病に効能のある医薬品

注射薬による治療となります。かかりつけの医師にご相談ください。


抗生物質の種類

5種類の抗生物質と「抗ウイルス薬」「抗真菌剤」「抗原虫薬」について記載しています。

上記の性感染症における対応する抗生物質を、当店で購入可能な抗生物質別に記載しています。

 

分類 医薬品名(成分名) 処方例・作用する病気
ペニシリン系抗生物質 - サワシリン(アモキシシリン)
- ユナシン(スルタミシリントシル酸塩水和物)
肺炎、梅毒、咽頭炎など
セフェム系抗生物質 - フロモックス(セフカペンピボキシル塩酸塩)
- メイアクト(セフジトレンピボキシル)
- セフゾン(セフジニル)
副鼻腔炎咽頭・喉頭炎、扁桃炎など
マクロライド系抗生物質 - ジスロマック(アジスロマイシン)
- クラリス(クラリスロマイシン)
- エリスロマイシン(エリスロマイシン)
肺炎、急性気管支炎、副鼻腔炎など
テトラサイクリン系抗生物質 - ミノマイシン(ミノサイクリン塩酸塩)
- ビフラマイシン(ドキシサイクリン塩酸塩)
ニキビ、尿路感染症など
ニューキノロン系抗生物質 - クラビット(レボフロキサシン)
- オゼックス(トスフロキサシン)
咽頭・喉頭炎、膀胱炎など
抗ウイルス薬 - バルトレック(バラシクロビル塩酸塩)
- ゾビラックス(アシクロビル)
帯状疱疹、ヘルペス
抗真菌薬 - イトリゾール(イトラコナゾール) 体部白癬、カンジダ症など
抗原虫薬 - フラジール(メトロニダゾール) トリコモナス症
分類 医薬品名(成分名) 処方例・作用する病気
ペニシリン系抗生物質
- サワシリン(アモキシシリン)
- ユナシン(スルタミシリントシル酸塩水和物)

肺炎、梅毒、咽頭炎など
セフェム系抗生物質
- フロモックス(セフカペンピボキシル塩酸塩)
- メイアクト(セフジトレンピボキシル)
- セフゾン(セフジニル)

副鼻腔炎咽頭・喉頭炎、扁桃炎など
マクロライド系抗生物質
- ジスロマック(アジスロマイシン)
- クラリス(クラリスロマイシン)
- エリスロマイシン(エリスロマイシン)

肺炎、急性気管支炎、副鼻腔炎など
テトラサイクリン系抗生物質
- ミノマイシン(ミノサイクリン塩酸塩)
- ビフラマイシン(ドキシサイクリン塩酸塩)

ニキビ、尿路感染症など
ニューキノロン系抗生物質
- クラビット(レボフロキサシン)
- オゼックス(トスフロキサシン)

咽頭・喉頭炎、膀胱炎など
抗ウイルス薬
- バルトレック(バラシクロビル塩酸塩)
- ゾビラックス(アシクロビル)

帯状疱疹、ヘルペス
抗真菌薬
- イトリゾール(イトラコナゾール)

体部白癬、カンジダ症など
抗原虫薬
- フラジール(メトロニダゾール)

トリコモナス症

 

詳しくは下記ページの表「処方例・作用する病気別」をご覧下さい。

 

性病・排卵検査キット

ご自身が性病にかかっているか心配な場合は、検査キットを使用する方法があります。

当店で取り扱いのある性病検査キットは「梅毒」「クラミジア」のみですが、
特に梅毒は近年流行しており、自覚症状が出にくいためこういった検査キットを活用する事で、
症状が進行する前段階で対策する事ができます。

 

   
   

Copyright © SORASHIDO. All Rights Reserved.